消費者金融はパート・アルバイトもOKです!

 

自分がだから消費者金融を利用するなんて無理だろうと諦めていた人も多いのではないでしょうか。以前は申し込んでも断られたりすることが多かったのですが、最近はだいぶそうしたこともなくなって、利用している人も増えているのです。その場合、多少の制限はありますが、困った時にはとても心強い存在です。申し込むときに年収の制限があったりする会社もあるので、まずはパンフレットなどの確認は必須です。収入証明などの書類が要らないという会社もあるので、候補になる会社を幾つか借りる前に見ておくようにしましょう。概ね大丈夫ですが、やはり断られてしまうケースもあるので、折角の申し込みなどが無駄にならないようにしたいものです。

パート・アルバイトだとどうしても「消費者金融 フリーター」などの申し込みは、これまでかなり制限もあり利用がしにくかったものです。ですが、毎月一定の収入がある場合などであれば申し込みをして利用することが出来るようになったのです。申し込み時に銀行系や消費者金融系などで多少条件などは変わってくることになるので、その点だけは注意しておきましょう。借りることの限度額も低いことが多くなっていますが、それでも利用できるのと出来ないのとでは雲泥の差です。出来るだけ消費者金融を使わないというのが一番いいですが、もしも使うのであれば早めの返済を心がけて、金利の低いところや無利息で利用できるところを選ぶようにすると安心して使えます。

g0090

 

法人カードとはどのようなものなのか

クレジットカードにはいくつかの種類があり、そのひとつが「法人カード」です。コーポレートカードとも言います。これは、法人(主に大企業)を対象に発行される経費決済カードのことです。利用する金額の限度は法人または部署単体で設定されていて、契約状態によりますが、法人側が任意にカードの発行枚数(利用者)を指定できるようになっています。また、キャッシング機能を追加させることも可能です。法人カードは、主に接待費や出張費、消耗品購入など法人の経費を決済する際に用いられ、それらの費用はカード会社が立て替えるため、法人側は支払日まで現金を用意する必要がなく、カード利用分は経理担当が明細によって利用者ごとにどの加盟店でいくら使ったか確認できます。


法人カードと聞いても、意味は分かっているのに、法人そのものの意味が分からない、という人もいるでしょう。そもそも法人というのは、自然人以外で、法律によって「人」とされているものをいいます。ここでいう「人」とは、権利能力を認められた存在をいいます。つまり法人は、自然人以外で権利能力を認められた存在ということになります。また、日本においては、法人は一般社団・財団法人法や会社法などの法律の規定によらなければ成立しません。法人には様々な種類があり、法人カードでいう法人は主に営利法人のことをいいます。営利法人というのは、株式会社などの利益を目的とした法人のことをいいます。他にも様々な法人がありますが、法人の中にはボランティアとして活動している法人もいます。